【骨伝導イヤホン】使ってみたけど実際どうだった?

暮らし
おうか
おうか

最近耳にする「骨伝導」のイヤホン使ってみました!

「骨伝導」って?

外耳や中耳を通さない「骨伝導」を利用して音を届ける仕組みのことです。
耳をふさがずに周りの音を聞きながら音楽を楽しむことが出来ます。

私が実際使ったのはコチラです

気になる「音漏れ」は?

私が使っている骨伝導イヤホンは気になるほど音漏れはしませんでした。ですが、低音や音量のボリュームにもよって周りに音が漏れることもあります。

おうか
おうか

曲にもよって変わりそうですがYoutube聞いていると音漏れしました。

実際に試してみた音漏れのパターン

・Youtubeで激しい歌聞いた時
・多人数のZOOM会議の時で誰かが声を張り上げた時(気になる人が気になるレベル)
・静かな喫茶店で音楽聞いていた時

静かな電車とかだと、隣の人の骨伝導イヤホンから音楽が聞こえたことがあります。
気になる人は気になるレベル!

「骨伝導」イヤホンで出来ること

骨伝導イヤホンの使い方はモデルにも寄りますが以下のようなことが出来ます。

・音楽を聴く
・電話をかける/話す(通話機能)


ハンズフリーで通話ができるのと、モデルによってはボタンを押すだけで最新の着信相手に折り返しの電話をかけることもできます。

最大のメリットは「耳」も「手」もふさがずに音楽を楽しめること!
充電式なので、フル充電でだいたい6~8時間使用が一般的!

「骨伝導」イヤホンを実際に使ってみて

おうか
おうか

とにかく軽くて、音もなかなか良くて快適!

実際に使ってみると、見た目はスタイリッシュだし、音質も良いし、軽量なので着けているのがとても楽です。ただし、耳が塞がれていないので周りの音は普通に聞こえます。
その上でデメリットはこんな感じ。

無線が時々途切れることがある
「耳」は塞がれていないので周りの音が気になる人は耳栓がマストアイテム
静かな場所では音漏れの可能性が高い(シャカシャカ聞こえる)

骨伝導イヤホンが向いている人
  • 運動しながら音楽/通話したい人
  • ハンズフリーで通話したい人
  • 最新のガジェットが好きな人
  • 長時間イヤホンを使用する人
  • 耳をふさぎたくない人
  • イヤホンサイズに悩んでいる人

に一つでも当てはまる人はおススメです。骨伝導イヤホンにはサイズが関係ないので、イヤホンサイズが合わない人にもおすすめできます。

おうか
おうか

音漏れなど気にする人は、運動時に使用するのがおススメ!(軽量だしハンズフリーで防水機能があるモデルもあります!)

骨伝導イヤホンはマルチデバイス対応のモデルもあるので、PCとスマホと両方Bluetoothで繋ぐこともできます!

おすすめの「骨伝導イヤホン」

世界初の完全ワイヤレス骨伝導イヤホン『PEACE TW-1』です。蔦屋家電大賞1位を受賞した実績もあります。

PEACE TW-1

世界初!完全ワイヤレス骨伝導イヤホン
Bluetooth®機能
カラー|BLACK|WHITE|

19,800円(税抜) 21,780円(税込)

製品スペック
サイズ(本体)
サイズ(クレードル)
32mm×27mm×30mm
70mm×43mm×36mm
重量(本体)
重量(クレードル)
約18g(片耳約9g)
約43g
カラーブラック/ホワイト
充電時間(本体)
充電時間(クレードル)
約1.5時間
約2.0時間
給電規格Type-C
連続使用時間約5時間(当社測定規定)
Bluetooth® VersionVer 5.0
最大通信距離見通し距離 約10m
Profile/CodecA2DP, AVRCP, HSP, HFP, SPP/SBC
公式ページより抜粋

OpenMove

耳掛け式で防水機能付き!29gで超軽量です。


骨伝導イヤホン E3

充電時間2時間で最大10時間の長持ち。比較的安価なので初めての方はこちらもいいかと。


おうか
おうか

だいたいどのモデルもスペックはほぼ一緒!あとはどこまで多機能を求めるか次第です。

世界初骨伝導完全ワイヤレスイヤホン『PEACE TW-1』

コメント