韓国コスメ「シカクリーム」とは?効果・使い方・使用感を徹底解説!

CICA 暮らし

韓国で話題のシカクリーム。試してみたくても「テクスチャーが合わなかったらどうしよう」「効果を感じられなかったらどうしよう」と不安はつきものですよね。
高いお金を払うのだから、アイテム選びに失敗したくないと考えるのは当然です。
実はシカクリームは、さまざまなコスメブランドから商品化されているのです。韓国だけではなく日本のコスメブランドも取扱があるのをご存じでしたか。


今回は、韓国コスメのシカクリームについてくわしく解説します。
・シカクリームの効果
・シカクリームの効果的な使い方
・シカクリームを使ってみた感想
以上のことを知りたい方は、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

シカクリームとは?

シカクリームとは、お隣韓国発祥のスキンケアクリームです。シカと聞くと動物の鹿を連想する方も多いですが、動物性ではなく植物由来成分が配合されたクリームです。
主な原料はツボクサ。和名は壺草で、古くからある多年草です。韓国発祥のクリームですが韓国のみならず、中国では解熱・利尿・止血剤として、ベトナムでは薬用のほか健康飲料として使われています。またインドの伝統医学アーユルヴェーダでは、ハンセン病などの海洋性皮膚疾患の治療に使われていました。欧米で主におこなわれているハーブ治療では18世紀、強皮症緩和で使われて以来現在も使われています。
このようにシカクリームの主成分であるツボクサは、古くからさまざまな目的をもって各地で使われています。
「シカクリーム」のネーミング由来は、ニキビ跡などを緩和するためのシート「CICA CARE(シカケア)」だという説が濃厚です。再生効果よりも鎮静効果が期待でき、肌荒れやニキビケアに効果が期待できます。

シカクリームの効果は?

本場韓国では「肌を再生するクリーム」とも呼ばれているシカクリーム。肌が荒れてしまったりニキビ跡が気になったりする方に効果が期待できます。というのも主な成分である「ツボクサ」が愛媛大学の研究により熱傷治癒促進作用をもつことが、マウスを用いて明らかになったからです。
(参考:天然物由来の総称治療用化合物の探索より
熱傷治療に効果が明らかになったのなら、スキンケアへの期待も高まりますね!
最近ではエイジング成分を加えられたアイテムもあり、保湿効果にも期待がもてます。クリームタイプならさらに保湿力が高いため、乾燥でお悩みの方にも効果が期待できます。

シカクリームの選び方

シカクリームは、基本的なスキンケアを終えたあと、最後に塗布してください。このときベタつきが気になるならサラッとした使い心地のタイプを選ぶとよいでしょう。さらにしっとり感が欲しいなら、しっとりタイプのアイテムがおすすめです。

シカクリームの効果的な使い方

毎日おこなっているスキンケアをおこなったあとお肌の水分を、逃がさないようフタをするイメージでシカクリームを塗布してください。
一度に使う量はおよそパール粒大(直径8mmほど)が目安です。手のひらにだして温めるとお肌へ乗せたとき伸びがよくなりますよ。冬場などはぜひ一度手のひらで温めてあげてくださいね。お肌に乗せるときは、摩擦に気をつけましょう。とくに目元付近の皮膚は薄いので気をつけたいところです。指先にとってトントンしながら伸ばしてくださいね。

シカクリームを使ってみた感想

実際に私も「Dr.Jart+シカペア クリームを使ってみました。乾燥が気になっていましたが、かなりしっとりすると感じます。肌への密着感があり、肌持ちがよいと思います。クリームですがベタベタしないので、私は朝も使っていますよ。メイクのノリも今までとは違ってきたので、肌荒れが気になる方は一度使ってみるとよいかもしれません。

私のおススメするシカ商品

ドクタージャルト  シカペアクリーム

朝夜のスキンケアの最後に使っています。べたつかないので化粧下地の前に使っても肌が重くならないのが良いです。


アピューマデカソCICAシートマスク

シートマスクはスペシャルケアとして、週1回ほど使用しています。
頑張った日や忙しかった1週間の肌へのご褒美としておススメです。


アピューマデカソ 美容液

毎日のケアの中に取り入れています。
化粧水の次に使っています。オイルなのですが、かなり軽く肌さわりもよくもちもち感あります。