シンプルな暮らし「物を買わない」3原則

暮らし

「断捨離」
という言葉がはやりました。
その当時は「片付け」「掃除」というものに興味がなかったのですが、最近引っ越しを機に意識するようになりました。

「物を捨てる」という行為はあまり得意ではありません。広いお家に住めたら解決するのに・・・とは夢の夢。


いつの間にか物が増えるのよね

ハリネズミ
ハリネズミ

いつか使うかも。勿体ない。と思っていませんか?

物が捨てられない。必要なものだけ残しているけど物で溢れている。どうにかしたい!と思っているアナタ!!!

今日から変えていきましょう♪

「手に取ってときめくものだけで暮らす」というこんまりさんの方法

「7:5:1の法則」
■見えない収納(押入れや引き出しの中)
7割程度にして、3割のスペースを確保できるまで物を捨てる。
■見える収納(食器棚など)
5割程度のスペースを使い、5割のスペースを確保できるまで物を捨てる。
■見せる収納(置物など)
1割程度に制限することで、飾る物をより際立たせることができる。

という、やましたひでこさんの「7:5:1」の法則。

色々な方が独自の方法で「整理する」方法をおススメしてくれています。

私は気が乗らない限りは一切掃除のことを考えたくないズボラ人間で、今日はそんな私の実践している方法を紹介します。


まず大事なのは「物を増やさない」ということです。

増やさないための「買わない」3原則のルール決め

  • 似たような商品は「買わない」
  • 迷ったら「買わない」
  • 人がイイネと言ったものはすぐ「買わない」

私はこの「買わない」3原則を実行しています。
見れば見るほど欲しくなってしまう物欲、気づけば「似たような商品買ってしまった・・・」ということがあります。

今、持っているものを把握する

手持ちの洋服、食器、アクセサリー、等いますぐ確認してみましょう。意外と似たようなものが多いかも。。。
まずは何をどのくらい持っているのかを把握しておくことが大切です。

クローゼットに白いTシャツが3枚・・・。同じような色のスカートが2枚。などきっと出てくると思います。

私は同じような食器が(しばらく使っていない)2セット出てきました。トレーナーとパーカーが好きなのですが
グレーのパーカーが2枚、黒のパーカーが3枚もありました。

購入当時は「ロゴあり持ってなかった」「ワンポイントが可愛い」など思っていましたが振り返ってみるとそこまで使う機会がありませんでした。

そこでリストを作って、ズボン〇枚、スカート〇枚とシーズン別に枚数も書き出して、同じものは入れ替えない限りは買わないと自分を律しました。

即決出来ないものは今、必要がない

色々見て回るとあれも欲しい、これも欲しいってなりますよね。
季節が変わる、気分を変えたい、ついうっかり欲しくなってしまった。など人によって様々な時に物を購入すると思います。

まず、お伝えしたいのは「それ、本当に必要ですか?」

本当に必要なものであれば何軒も回って存分に迷って買ってください。

だいたい衝動買いの商品は帰ってみて「似たようなものがあった」「買わなくても別のもので代用出来た」「なんで買ったのだろう」と思うことが1度はあると思います。

「あったらいいかも♪」という商品の買い方は失敗する要素がありますので、お気をつけください。

「あの人が持っているから欲しい」は危険信号

SNSを見ていて「この人の使っているものが欲しいな~」、道行く人の持ち物を見て「あれいいな~」と思ったことはあると思います。
友人・同僚の手帳やカバン、ケース類など、他人の持っているものを「素敵だな」と思う心は素晴らしいですが、
既に持っているものがあるのに「〇〇ちゃんも持っているから」という発想で物を買うことは危険です。
購入したのに結局使わない&頻度が少ないものになってしまいます。

「あの人のようになりたい!」と言って物を買うことと
「あの人が持っているから」と言って物を買うことは違います。

自分にとって本当に必要なものと、身の丈にあうものを選ぶことが大事ですね。

おわりに

捨てられない、何から整理すればいいかわからない。
そんな方にまずは「物を増やさない」ために、私が実践している方法をご紹介しました♪

コメント