【経験談】テレビ業界に入るには?ADってどんな仕事?きつい?

転職・キャリア
おうか
おうか

私は新卒でテレビの世界に入りました!テレビの世界に入りたい方の役に立ちますように

テレビの仕事って?

テレビの世界には沢山の仕事があります。
「テレビ番組を作る人」「テレビ番組に出る人」「音声」「照明」「撮影」その他に一般の企業と同じく「営業」や「経理」などの職種も存在します。ここでは「テレビ番組を作る人」について書いていきます。

テレビ番組を作る仕事

テレビ番組はたくさんの人が関わって作られています。

【テレビ番組制作】
・AD(アシスタントディレクター)
・AP(アシスタントプロデューサー)
・D(ディレクター)
・P(プロデューサー)
主な構成は4職種です。テレビ業界に入ると、ほぼみんなADからスタートすることになります。

【テレビ番組の収録から完成まで】
・カメラ/カメラアシスタント
・音声/音声アシスタント
・照明/照明アシスタント
・タイムキーパー(生放送では必ずいます)
・EED(編集さん)
・MA(ミキサーさん)
・テロッパー(出演者のコメントを文字など入力する人)
・音効さん(音響効果さん/テレビのところどころに効果音やBGMを入れる人)
・字幕(字幕の入力をしてくれる人)
等の様々な職種の方が活躍しています。これからの方は全員が同じ会社ということはほとんどなく、
別々の専門会社から1つの番組を作るためだけに集まるチームとなっています。

おうか
おうか

私はADからスタートしたので、次はADのお仕事編!

AD(アシスタントディレクター)ってどんな仕事

アシスタントディレクター、いわゆるADの仕事は3K(きつい・汚い・危険)とも言われます。
そう言われていますが、それは本当です。

・収録が延びると仕事が終わらず徹夜
・お風呂はいつ入れるか不明な時がある
・出演のタレントさんがケガ等しないようADが下見

など上げれば沢山あります。

おうか
おうか

きついこともあったけど私は楽しい方が多かった!

ADの仕事の流れ

①リサーチ
会議が開かれて放送する内容がざっくり決まります。そうするとADさんは、インターネットや書籍からネタを探します。ここで持ってくるネタによって「面白さ」が変わってきます。
調べる力がかなりつきますし、テレビ制作スタッフ専用の図書館などもあります。
②ロケハン
リサーチを重ねて実際に撮影する場所やインタビューする人がどういう場所・人なのかを見に行きます。1日に数か所回っても1つも採用されないこともあります!
私が担当した番組は半月リサーチで半月ロケという変わった番組もありました。
③ロケの準備
大まかにロケのスケジュール(Excel使います)作成やロケ弁の手配、カンペの用意、台本印刷、その他ガムテープやごみ袋、ボールペンなど必要そうなものを全部準備します。ロケに行った現地で調達できるかわからな不安なものはすべて持っていきます。
④ロケ
出演者の控室用意、飲食の手配、次のロケ先への先乗りや渋滞連絡、周りの通行人への撮影配慮(カメラで撮らないでくださーいなど)などロケがスムーズにいくかどうかがADの見せどころです。
準備が完璧に近く、当日いかに先回りして配慮できるかでロケ時間も短縮できます。
⑤スタジオでの収録
立ち位置を決めたり、どのカメラで撮るとより良い画になるか、出演者の代わりになってリハーサルをを行います。その後、カンペの修正や消え物(装飾物やスタジオで出す小道具)などディレクターからの指示をギリギリまで作業します。本番はディレクターのフォローにまわりカンペ持ちや小道具の出し入れなどスムーズに収録できるよう動き回ります。バラエティでは声でを出して笑うことも大事な仕事です!
⑥編集
ロケ・スタジオで収録したデータをもとにディレクターが編集します。そこで使用される映像の許可やタレントが話していた内容の事実確認・情報収集をすADです。そして編集所でエディターさんによりテロップや画像の加工などを行っていきます。ADは誤った情報、誤字脱字などをチェックしていきます。
⑦MA
音付け・整音作業です。シーンに合ったBGMや効果音、ナレーションをつけていきます。
ナレーション録りでは、原稿に間違いはないか、ナレーターさんの言い間違い、発音などをチェックします。(発音辞典や日本語辞典を用意しておきます)
⑧放送
①~⑦の作業が終わればついに放送日です。放送番組によっては局内に待機する番組もありますし、生放送の場合や全国放送、地方により異なる放送日の番組もあります。エンドロールに自分の名前がのることもあります!

ADの主な流れになります。

ADになるには

テレビの世界、憧れる方も多いですよね。まずはテレビの登竜門であるADから始めましょう。

テレビ局に入社しよう

全国各地にあるテレビ局に入社して、「制作局」に配属されるとADになります。別部署に配属されると「営業」「広報」「事務」「字幕」など各局の様々なところに配属されることになります。

テレビ制作会社に入社しよう

テレビ制作会社に入社すると必ずADになれます。(ADの求人募集はとても多い)
人の入れ替えがかなり速い業種でもあるので、ADさんになりたい方はほぼ常に募集しています。
制作会社もかなり多くあるので、選び方は以下のようにするといいでしょう。
・自分の好きな番組を作っている
・大きい制作会社(テレビ局が多く出資している)に入る
好きな番組が担当できる可能性が高いとモチベーションアップにもつながりますし、大手に入ると待遇も良いところがあります!

コメント