テレビ業界で働く女性はどんな仕事をしてる?

転職・キャリア
スポンサーリンク
おうか
おうか

テレビの世界で働く女性沢山います!

テレビ局・マスコミで働く女性は年々増えていると思います。
私が新卒で入社した局も男女比は同じくらいでした。

テレビ局内の仕事で女性が主にどんな仕事についているかご紹介します!

スポンサーリンク

アシスタントディレクター

いわゆるADさんです。ADの仕事は配属先の番組にもよって過酷さが異なります。
テレビ業界で働くと考えたときに、一番最初に就く仕事、就職しやすい仕事がアシスタントディレクターになります。

アシスタントディレクターの仕事って?
  • ディレクターについて演出の助手
  • 出演者の控室の手配
  • 全スタッフの飲食の手配
  • 撮影スケジュールの調整
  • 撮影場所の許可取り
  • 映像使用の許可取り
  • 撮影/収録
  • 編集/MA補佐

ディレクターについて番組制作に関わる数多くの業務をこなしていく仕事です。
私はADから一般事務に転職しましたが、ADを経験しておくと文字通りなんでもこなせるようになります。(気配りもレベルアップする!)

アシスタントディレクターを経てディレクターになっていきます。
女性のディレクターさんも沢山います。

アシスタントプロデューサー

APと呼ばれる職種です。テレビ番組は、プロデューサーが企画立案をし、編成部を通過すると制作できます。アシスタントプロデューサーは番組制作がスタートしてから業務が始まります。

アシスタントプロデューサーの仕事って?
  • 出演交渉
  • 番組の進行
  • 予算の管理
  • 編成部や技術スタッフへの発注依頼

私の会社は入社するときに全員ADからスタートしましたが、
希望があればAPさんからスタートできる会社もあります。

映像・音編集者

番組制作以外にも女性活躍の仕事があります。

撮影収録後に映像編集をした後、納品・放送できる状態まで持っていく「編集」の仕事です。
この仕事は、ディレクターがPCで編集したデータを編集所というところで
テロップやワイプ映像などの加工をする仕事です。

編集所には編集さんとテロッパーと呼ばれるテロップを入れる2名体制のことが多いです。

音編集は、編集所で上がった番組に
ナレーション収録やBGMをつけていき、全体の音量バランスを整えていく仕事です。
(MAやミックスと呼ばれます)

編集所の仕事は、ずっと座ってばかりの仕事です。編集時間は番組の尺にもより長時間~数日になることがあります。それでも苦じゃない方が適していると思います。

テレビのラテ欄や字幕

番組を作る以外の仕事も女性が多いです。
テレビのラテ欄を書く仕事のほかに、字幕を作る仕事もあります。

テレビの出演者が言った発言を聞きながらタイピングして、電波に乗せていく仕事になります。
同期数名が字幕担当に居ますが、タイピング技術や2か国語などを理解できると仕事に就きやすいと思います。

自分たちが作ったテレビを色んな国の人や聴覚障害の方にも見てもらえる大事なお仕事!

タイムキーパー

生放送や疑似生放送の番組等には、「CMまで何秒」「番組終了まで〇秒」と数えてくれるタイムキーパーさんがいます。

メインの仕事は時間を図り、時間調整をすることです。
スポンサーや取材のVTRの尺が決まっているので、そこの尺を調整せずにうまく番組終了まで
きっちりと時間を合わせていく仕事です。

特に生放送などはアクシデントもつきものなので、動揺せず最後までやり遂げられる方が向いているような気がします!

同じ番組のタイムキーパーさんは、プレッシャーがあるけど、番組が自分の時間調整で成り立つことにすごく充実感を持っていました!

女性が活躍しているテレビ業界の仕事は、沢山あります。
女性だから出来ないことは全くないので選ぶ仕事の1つにしてみてください。